忍者ブログ
  • 2018.05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 2018.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/06/20 18:20 】 |
・私たちは「あれは読んだよ」というために読むのである。(byラム)
う。。。






空いたね。



また空いた。。。。。





ダメだ、こりゃ。






「もう浮気しません」と言っておきながら。




翌週には、同じコトを繰り返してしまう悲しい人間。






ちゃんと更新しなきゃ、と言いつつも。


こんなに空いた、だるま室長を許して下さい。


なーむ










さてさて。



昨日、5/7はbanbiのキャンペーンでして。




K-MIXさんを中心に、ばっちりと告知させて頂きました。




しかし、ほんとに。

K-MIXには感謝感謝。





全く無名の新人バンドを、3ヶ月に2回も出演させてくれて。



挙句の果てには、コメントさえも撮ってもらった。





これで売れないわけにはいかないでしょうから。




banbiにも、引き続きいいバンドでいてほしいものです。






しかし、全国でものすごい現象を引き起こしているようです、banbi。




発売1ヶ月前から受付されるイニシャルが、1800枚を越えたとのこと。




新人バンドのデビュー作としては異例です、これ。





多分、発売後トータルで考えれば1万枚を軽く超えそうな感じ。




全国でbanbiが流れ、banbi旋風を巻き起こす日が近づいておりますよ!!!!!








どう!?




嘘じゃなかったでしょうに!!!!






ずっと前から、すんごいバンドがいるって言ってたでしょうに!!!!!





多分、一昨年か去年の1月くらいから、ずっと言ってたに!!!!!




このバンドは化けるって!





ほら見たことかーーーー!!!!!!!!!!




あー、嬉しい。



ほんとに嬉しい。





どうだ、このやろーめ、ちくしょーめ!!!





こうやって、小さな自信を集めていこう。



あー、嬉しい。








さてさて。




神奈川の小さなバンドが今、大きく動き出そうとしている中。




千葉の大きくなったバンドが活動休止。



エルレ。






うーむ。





色々と考えさせられることは多い。





今、バンドシーンが生活に密着しているのには。



エルレとマキホルの存在ってのは、ものすごい大きいと思う。





やれ、売れっ子芸能人なんかが、激しい曲を新曲として発表したり。



やれ、過去に解散したバンドが再結成したりするのには。




今、バンドシーンってのがかなり大きなビジネスチャンスだと確信しているからだろうで。




昔では考えられなかったアーティストが、ライブハウスをめぐったり。



CDよりもライブを、と考え始めたアーティストが増えたのは。






多分、既存のライブハウスの客を取り込もうとしているからだろう、と思う。






そういったお客に欠かせない存在が、エルレやマキホル。



10-FEETやビークルなどなわけで。(もちろん他にもたくさんいるけど)






で、どうすれば過去、輝いていたアーティストと。


それらのバンドをブッキングさせ。




今いるライブハウスの客を、アーティスト側に取り込もうか、と。




色んな広告代理店は必死なんじゃないかと思う。






で。







先日のエルレ活動休止ってのは。




色んな見解があると思うし、色んな感情があると思うけど。








個人的には、良かったんじゃないかと思う。





そもそも。




いつからか、芸能人のような扱いになってしまった気がするし。




多くの業界からは。



バンド、としての活動よりも。




商品としての流通として、見られていたような気がします。








浜松ライブの打ち上げで。





2次会でエルレメンバーとご一緒させて頂きましたが。





そこにあったのは、芸能人扱いされていたアーティストではなく。





ただ、仲間が好きなバンドのメンバーとしての表情だった気がします。





本当だったら。



昔から一緒にやっているバンドからの誘いや。


昔から使っているライブハウスなんかのイベントにもっと出たいんじゃないかって。





そう思えました。






打ち上げで気を使うことなく、仲間バンドとバカやって。




事務所だとか、スポンサーだとか、イベンターだとかに気を使われることなく。





好きに飲んで、好きに笑って、帰りたいときに自分の足で帰る。





そういうのを続けてたかったんじゃないのかなぁ。












この活動休止の間に。



どれだけのファンが残るのかは分かりませんし。





もしかしたら、それさえも再結成に向けたプロモーションかもしれません。






ただねー。






ガチなライブハウス好きを篩いにかけられるような気がして。



それが個人的には、いいことじゃないのかな、って思うのね。




わかんないけどね。











まぁ、何しろ。



バンドにはバンドでい続けてほしいだけ。







それだけ。
PR
【2008/05/08 14:03 】 | だるま | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<<・1億ドルを1億1千万ドルにするのは誰でも出来る。100ドルを110ドルにすること、これがビジネスだ。(byエドガー・ブロンフマン) | ホーム | ・お客様にとっていい買い物でなければ、我が社にとっていい商売ではないのだ。(byハーバード・マーカス)>>
有り難いご意見
ばんび!
まんまとたまちゃんの策略にひっかかり
とうとう1人でライブに行くほどにまでなっちまいまちた☆

教えてくれてアリガト!
ほんと感謝しかないよーー◎
【2008/05/10 12:52】| | ももんび #92ca4cbeae [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿















虎カムバック
トラックバックURL

前ページ | ホーム | 次ページ

忍者ブログ [PR]